And ACK宇都宮市 就労継続支援B型事業所 生活介護

利用者もスタッフも楽しい!をコンセプトに社会福祉事業所を運営していきます。

利用者もスタッフも楽しい!をコンセプトに
社会福祉事業所を運営していきます。

6月になりました

f:id:andack2023:20240603234842j:image

6月になりました。

 

土曜日にイベントがあったのですが、驚くべきことにこのホームページをかなりの方がご覧になっていることがわかりました。

 

今まで、きっとこんなホームページなんて誰も見ていないだろう。しかし見られていなくても更新する、それはすなわち自分との闘い!

 

・・・と言った感じの修行僧気分で気軽に更新していたのですが、急に緊張感が出て参りました。

夜中に気持ちよくなって歌いながら歩いていたら実はすぐ近くに人が居たと判明した時の気持ちです。

 

おまけに最近このホームページを見ました!とLINEからお問い合わせがちょくちょく入るようになりまして、一体何に興味を持っていただけたのか更新してるわたくしどもとしてもさっぱりわかりません笑

なにせほぼ自分との闘いなのですから。

 

そんなわけで、わがAndACKも利用者さんが増えて参りました。

とてもありがたいことです。

 

これからも頑張って更新いたします。

 

※イベントで人気だったふわふわタオルですが、かさばるのでたくさん持っていけませんでしたが、事業所にはまだ在庫がございます。

販売も可能なのでご入用の方はLINEでお問い合わせください。

 

 

お仕事の体験にご興味ある方は24時間365日公式LINEより気軽にお問い合わせくださいませ。

 

↓↓↓

LINE Add Friend

 

6月1日にイベントに参加します

f:id:andack2023:20240528204143j:image

 

f:id:andack2023:20240528203636j:image

 

f:id:andack2023:20240528203647j:image

 

f:id:andack2023:20240528203701j:image

 

わく・わくマルシェinベルモールスカイブリッジに出店させていただけることになりました。

 

開催日時 令和6年6月1日(土) 

10時30分~15時

会場    ベルモール スカイブリッジ

 

素晴らしい作品とお買い得な商品をご用意してますので一族郎党でお越しください。

 

イベントで販売するタオルですが、贈答用の高級タオルです。こちらの製品の出荷代行を当施設でやっていたのですが、製品の販売終了に伴い格安でお譲りいただけることになりました。

たくさんは持っていけないので早い者勝ちです。

 

当日は乾燥機にかけたサンプルもご用意していますので触りに来てください笑

信じられないくらいフワフワなので感動していただけると思います!

 

仕事の体験にご興味ある方は24時間365日公式LINEより気軽にお問い合わせくださいませ。

 

↓↓↓

LINE Add Friend

 

 

 

 

遊び心を大切にしています

f:id:andack2023:20240508181459j:image

 

名刺の肩書きで遊んでいます。

利用者さんを笑顔にするにはまずは社員から。

 

f:id:andack2023:20240508182013j:image

 

f:id:andack2023:20240508182022j:image

 

f:id:andack2023:20240508182030j:image

 

利用者さんが笑顔になれば、そのご家族も笑顔になるかもしれません。

 

クスっと笑える事業所にしていきたいと思います。

 

仕事の体験にご興味ある方は24時間365日公式LINEより気軽にお問い合わせくださいませ。

 

↓↓↓

LINE Add Friend

 

 

 

映画 しあわせの森を観てきました

f:id:andack2023:20240420154933j:image

 

f:id:andack2023:20240420154936j:image

 

ご縁があり、何の映画なのかもわからず映画を観てきました。結果としてとてもためになる良い作品でした。

 

主演の山元加津子さんは石川県の特別支援学校の元教諭の方で、作家さんです。

 

わたしは知らなかったのですが、きいちゃんという道徳の教科書にも出てくる物語の作者でもあります。

 

f:id:andack2023:20240420155446j:image

 

映画 しあわせの森はドキュメンタリー映画で、主演の山元加津子さんと、生物学者村上和雄さんのお二人のインタビューが中心でした。

 

自分のことだけを考えて他者へ分け与えない利己的な種族と、自分も必要な分をいただき、余ったら分け与える種族を進化論的にシミュレーションしたら、やはり分け与える種の方が種として長く生き残ったという論文の話や、人間の細胞や臓器は他の細胞や臓器を助け合うことで生存し、成立している、それは人間も同じだという話が印象的でした。

 

映画を観ながらふと思い出したのですが、アンドアックのスタッフのひとりが「わたしがひとに親切にすることで、その人が将来わたしの子供に親切にしてくれるかもしれない。だからわたしはできるだけひとに親切にしているのです」と言っていました。

 

時間軸としても、スケールも大きな考え方ですが本日観た映画にも通じるものがあり、そのようなスタッフが働いているアンドアックを改めて誇りに思いました。

 

 

しあわせの森は小さな自主制作映画ですが、栃木での開催はいまのところなさそうです(過去にはあったのでしょうか)

f:id:andack2023:20240420160237j:image

 

機会がありましたらご覧になることをおすすめします。スタッフ全員で観たい良い映画だと思いました。